顔などの目立つ場所にできたいぼを切除【いぼができる原因とは】

レディ

いぼは数種類ある

カウンセリング

いぼは自力で治せるのか

いぼと一言でいっても、尋常性疣贅や伝染性軟属腫・老人性疣贅などがあります。尋常性疣贅はHPVによるウイルス感染症で、足の指や底・手の甲や指などよよく現れるいぼです。自覚症状はほとんどありませんが、皮膚の小さな傷などからウイルスが侵入して感染をしていくため、知らない間に数が増えてしまうというケースも少なくありません。伝染性軟属腫はボックスウイルスに属する伝染性の軟属腫ウイルスが原因で起こり、中央が陥没して透き通って見えるのが特徴となっています。幼少期に感染が拡大するミズイボがこの伝染性軟属腫となっています。老人性疣贅は顔や頭などによく見られる一般的ないぼで、加齢によって細胞が表皮の奥にある基底膜近くから増殖し、上に盛り上がりながら増えていきます。尋常性疣贅などは自然に消失することもありますが、顔などにできたいぼが気になる場合には病院で取り除くこともできますし、必ずしも治療は必要とはならない老人性疣贅ですが、自然に消失することはなく加齢とともに増えてしまいますから気になる場合には早めに病院で治療を受けるとよいでしょう。いぼの治療には液体窒素や炭酸ガスレーザーなどを使用して取り除く方法がとられます。液体窒素による冷凍凝固法は、足の裏などの目立たない部分の治療には全く気にならないレベルですが、ごくまれに傷跡が残ってしまったり色素沈着を起こすことがありますから、顔などにできたいぼとりには炭酸ガスレーザーを使用した方がよいでしょう。液体窒素による冷凍凝固は綿棒に液体窒素を含ませていぼ部分に塗り、凍傷を引き起こして取り除いていきますが施術後には水膨れになることもあり、水膨れの皮がめくれると同時にいぼもとれますが、まだ残っている場合には再度治療を行う必要があります。炭酸ガスレーザーは多くのクリニックで行われている治療法で、いぼのみを狙ってレーザーを照射することができますから周辺の肌に負担も少なく出血や痛みも少ないというメリットがあります。この炭酸ガスレーザーを使った治療は、ウイルス性だけではなく老人性のイボにも有効となっていますから近年主流となっています。炭酸ガスレーザーは皮膚の水分に反応するという性質があり、イボに含まれている水分にレーザーを照射させることで中の水分が蒸散し組織を切り取ることができます。ほとんどの場合1〜2回程度の治療で完治させることができますが、治療を行う前には大きさや数を確認し、レーザーのテスト照射を行って体質的に問題がないかどうかを確認していきます。問題がなく傷が治った場合には実際に施術を行う日程を決めて治療が開始されます。施術当日は局所麻酔の注射やクリームを使用しますから、施術中に痛みを感じることはありませんし拡大鏡で一つ一つ確認しながら照射していきますから確実にイボをとらえることができます。照射後はしばらく冷やして炎症を予防するための薬を塗布していきます。麻酔が切れた後は少し痛みを感じることもありますが、病院で痛み止めを処方してもらえますから心配はいりません。施術後の肌はとてもデリケートな状態となっていますから乾燥を防ぐために軟膏を塗ったり紫外線を予防するなどしっかりとケアする必要があります。