顔などの目立つ場所にできたいぼを切除【いぼができる原因とは】

レディ

いぼができる原因

看護師

治療法を知って試そう

ウイルス性のいぼは放っておくと数が増えてしまい、他人にも移してしまう危険性があります。考えられるのはヒト乳頭腫ウイルスですが、特に指などにできたものは、よくふれあう場所に移ることが多いので要注意です。指には血管拡張性肉芽腫やガングリオンという感染しないタイプのいぼができることがあります。このいぼは感染することもなく良性のものとなりますから特に治療の必要はありませんが、気になる場合には除去した方がストレスを感じることがないのでおすすめです。いぼを病院で治す場合には、液体窒素を使って焼き切るのが標準の治療となります。保険適用となるため費用を安く抑えることは可能ですが、ただこの方法は痛みがありさらに色素沈着が起こる可能性もあるというデメリットがあります。液体窒素では治らない場合には皮膚を腐食させるモノクロロ酢酸を使う治療法があります。痛さはありませんが完治するまでには時間がかかってしまうという欠点もあるため、事前にメリットやデメリットをきちんと理解しておくことが大事です。炭酸ガスレーザーでいぼを除去する方法は、痛みや出血が少なくリスクも少ないというメリットがある一方、保険適応外となりますから費用が高額になってしまうケースもあります。いぼを予防するためには感染経路になる傷を作らないことが大切で、乾燥や肌荒れを防ぐためにクリームなどを塗ってしっかりと肌を保湿し、乾燥からしっかりと守ることが重要なポイントとなります。肌のバリア機能が低下してしまうとそこからウイルスが中に侵入してしまいどんどん数が増えてしまうため、保湿を行うことが重要なケアとなります。イボは早期発見・治療を行うことで簡単に除去することができますが、数が増えてしまうと完治するまでにも時間や費用がかかってしまいます。いぼは皮膚から盛り上がっている小さなできもののことで、そのほとんどはウイルス性ですがそのほかにも老人性のものもあります。老人性のいぼは紫外線や加齢・摩擦などによってできるタイプで、首や顔にできることが多く、足の裏にできる足底疣贅は魚の目と間違えられやすい種類のいぼとなりますが、自然に治ることはありませんし痛みも伴うためウイルスごと壊死させることが大事です。魚の目は皮膚の物理的な刺激によって角質の層が厚くなっている状態ですが、足底疣贅の中でもHPV1型によるミルメシアなら適切な治療を行わないと自然に改善することはありません。どうしても液体窒素や炭酸ガスレーザーの治療が、怖いという場合には飲み薬や塗り薬などもありますから、自己判断で取り除くことはせずきちんと専門医に処置してもらいましょう。青年性疣贅は20代に多い種類のイボで、顔に広がることが多くコンプレックスに感じている人も少なくありません。イボをひっかいてしまうとさらに広がってしまいますが、冷凍凝固法の場合肌の色素沈着を起こしてしまい跡がのこってしまいますから炭酸ガスレーザーを使った方がよいといえます。以前は性感染症の尖形コンジローマは冷凍凝固法が一般的でしたが、施術中の痛みが強く治療を継続できない患者も多かったことから、近年の治療は塗り薬が主流となっています。