顔などの目立つ場所にできたいぼ切除【ウイルス性と老人性のタイプ】

いぼの悩み解決すっきりキレイ肌

いぼは数種類ある

カウンセリング

顔や首などにできてしまったいぼが気になってしまうという人も少なくありません。ミズイボなどウイルス性のいぼは、掻いて壊してしまうと内容物がでてしまい周囲の皮膚に感染させてしまいますから扱いには注意が必要となります。

いぼの詳細を知ろう

鏡を見る人

首や顔などに皮膚が隆起したり突起状になってしまういぼは、加齢や皮膚の摩擦、ウイルス感染によって起こります。そのほとんどは良性の腫瘍ですから特に治療をしなくても問題ありませんが、中には悪性のものもありますから要注意です。

顔や首などにできるいぼ

医師

いぼの種類と特徴とは

いぼとは皮膚が盛り上がったできもののことで疣贅とも呼ばれています。健康な皮膚は数種類の細胞で構成されていますが、角化細胞が増殖してしまいできてしまったものがいぼとなります。このいぼには大きく分けるとウイルス性と老人性の2つのタイプがありそれぞれに特徴があり、ウイルス性はヒトパピローマウイルスやポックスウイルスが原因で起こり、尋常性疣贅や青年性扁平疣贅、伝染性軟属腫があります。尋常性疣贅は硬く突起していて表面がざらざらしているのが特徴で、ほとんどのいぼがこのタイプにあたります。青年性扁平疣贅は顔や手にできることが多く、伝染性軟属腫はいわゆる水イボと呼ばれるもので幼少期二起こりやすくプールなどで感染することが多いのが特徴となっていますが、老人性疣贅は紫外線や加齢が原因で起こることが多く、顔や首・手などにできます。ウイルス性のいぼというのは、皮膚の表面に傷があるとそこからウイルスが侵入してしまい、基底細胞に感染するとそこで作られる角化細胞が活性化して増殖し、皮膚の細胞が表面にむかって押し上げられ病変を形成していきます。そのほかにも、アトピー性皮膚炎や肌荒れなどによって皮膚のバリア機能が低下している場合にも、ウイルスに感染しやすくなっていますから注意が必要です。老人性の特徴としては、紫外線を浴びることで表皮の基底細胞にあるメラノサイトからメラニンが生成されますが、過剰に紫外線を浴び続けることで肌の新陳代謝が低下してしまいメラニンの排出がうまくいかなくなり、老人性のいぼができてしまいます。こういったいぼの治療の基本は液体窒素を含ませた綿棒を患部にあてて凍らせて落とすという方法で、気軽に受けることができるというメリットがある反面、痛みも強く色素沈着を起こす可能性もあるため、顔などの目立つ部分の除去にはむきませんし、再発のリスクもあるというデメリットがあります。炭酸ガスレーザーは、液体窒素と比べて痛みや出血も少なく色素沈着も起こりにくいというメリットがありますが、治療費が高額になる可能性もありますから、事前にしっかりと確認しておくことが大事です。日常生活でいぼを予防を治すためにはしっかりと皮膚を保湿して日焼けに注意する。ストレスをため込まない。睡眠の質を上げるといったことに注意することが大事です。バリア機能が低下してしまうと、ヒトパピローマウイルスなどに感染しやすくなってしまいますから、日頃からしっかりと保湿をして乾燥を防ぐことが大事です。また、老人性のいぼは紫外線が原因で起こることが多いため、こまめに日焼け止めをぬったり日傘や帽子で紫外線によるダメージを減らすようにしましょう。またストレスがたまると体の免疫力が低下してしまいますから、ストレスをためこまないようにすることも大切ですし、睡眠不足になると肌の新陳代謝を乱す原因となりますから、質のよい睡眠をとるように努力することも大事です。そのためには就寝1時間前にはテレビやスマートフォンなどの画面を見ないようにし、ぬるめのお風呂にゆっくりとつかってリラックスするなど、良質な睡眠を得る工夫をとることが必要となります。

いぼができる原因

看護師

いぼができる原因には紫外線や摩擦などいくつか考えられますが、その中でもウイルス性のいぼは目に見えないような小さな傷口からヒト乳頭腫ウイルスが入って発症してしまいます。